制作記事 運用情報起業向け情報スタバに学ぶ。PART 2

スタバに学ぶ。PART 2

以前、スタバに学ぶ。という記事を書いたが、そのときに記事にし忘れていたことがある。
企業ミッションについて、だ。
何より大事なことなので後でしっかり書こうとしたきりになっていたので書き起こす。

というわけで、スタバの企業ミッションを紹介したい。

企業ミッション(起業ミッション)は、何のために存在し、どのように社会貢献していくかを明文化することで、内外に示すことができる。ちなみに企業規模に関わらず、個人事業主であっても、起業ミッションは用意するべきと考える。

スタバの接客が素晴らしいのは教育ができているから、と早合点してはいけない。その先の行き着くところには、企業ミッションだ。すべての従業員は企業ミッションにコミットしているはずだ。逆にそこに賛同できない人は従業員になるべきではないだろうし、なったとしても苦痛なだけかもしれない。逆に企業ミッションにコミットできるほど、誇りを持って仕事しているんだと思う。

それでは早速、スタバの企業ミッションを見てみよう。

スターバックスコーヒージャパン株式会社ホームページより抜粋
https://www.starbucks.co.jp/company/mission.html

スタバの企業ミッション(2021年5月現在)

私たちスターバックスは、「人々の心を豊かで活力あるものにするために-ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから」を企業のミッションに掲げ、すべてのお客様へ最高のスターバックス体験を提供できるよう、行動規範を定め、日々体現しています。
私たちはこれらを、Our Mission and Valuesとよんでいます。
これからも、私たちはOur Mission and Valuesを軸に、一杯のコーヒーを通じて、お客様一人ひとりと誠実に向き合う姿を大切にしていきます。

OUR MISSION
人々の心を豊かで活力あるものにするために―
ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから

OUR VALUES
私たちは、パートナー、コーヒー、お客様を中心とし、Valuesを日々体現します。

お互いに心から認め合い、誰もが自分の居場所と感じられるような文化をつくります。
勇気をもって行動し、現状に満足せず、新しい方法を追い求めます。スターバックスと私たちの成長のために。
誠実に向き合い、威厳と尊厳をもって心を通わせる、その瞬間を大切にします。
一人ひとりが全力を尽くし、最後まで結果に責任を持ちます。

私たちは、人間らしさを大切にしながら、成長し続けます。

素晴らしいッ!

ミッションはブレていない。だからそこから派生する行動規範のテキストが変わっても信念は変わっていないことも感じる。ちなみに、2015年頃の企業ミッションはこれだ。以前はより具体的に行動規範が書かれている。

2015年頃のスタバの企業ミッション

人々の心を豊かで活力あるものにするために―
ひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから

Our Coffee
私たちは常に最高級の品質を求めています。
最高のコーヒー豆を倫理的に仕入れ、
心をこめて焙煎し、
そしてコーヒー生産者の生活をより良いものにすることに情熱を傾けています。
これらすべてにこだわりをもち、追求には終わりがありません。

Our Partners
情熱をもって仕事をする仲間を私たちは「パートナー」と呼んでいます。
多様性を受け入れることで、一人ひとりが輝き、働きやすい環境を創り出します。
常にお互いに尊敬と威厳をもって接します。
そして、この基準を守っていくことを約束します。

Our Customers
心から接すれば、ほんの一瞬であってもお客様とつながり、
笑顔を交わし、感動経験をもたらすことができます。
完璧なコーヒーの提供はもちろん、それ以上に人と人とのつながりを大切にします。

Our Stores
自分の居場所のように感じてもらえれば、そこはお客様にとって、くつろぎの空間になります。
ゆったりと、時にはスピーディーに、思い思いの時間を楽しんでもらいましょう。
人とのふれあいを通じて。

Our Neighborhood
常に歓迎されるスターバックスであるために、すべての店舗がコミュニティの一員として責任を果たさなければなりません。
そのために、パートナー、お客様、そしてコミュニティがひとつになれるよう日々貢献していきます。
私たちの責任と可能性はこれまでにもまして大きくなっています。
私たちに期待されていることは、これらすべてをリードしていくことです。

Our Shareholders
これらすべての事柄を実現することにより、共に成功を分かち合えるはずです。
私たちは一つひとつを正しく行い、スターバックスとともに歩むすべての人々の繁栄を目指していきます。

これからも、いつまでも。

(再)素晴らしいッ!

どちらの企業ミッションも素晴らしい。スタバが正しく認知されることで、行動規範をやや抽象的な表現に変更してもしっかり伝わるところも見事だ。
これから起業する方、ぜひその熱い想いを聞かせてください。そこから文章に起こすのが得意です。

行動指針をつくる際に気をつけること

何の書籍か忘れたが、行動指針をつくる際の気をつけることとして下記が記されていた。

「自分は今なにを大切にしているのか?」
仕事の成果やお客さんからの評判など、自分ではコントロールできないことは行動指針にはしない。自分の内面で育てられるものを選ぶこと。自分は「どんな存在でありたいか?」を考える。その目標を達成したとき、自分はどうなっていればいいか?

同様のことは、いろいろな場面で見聞きすることが多いし、実際にスタバのように実例を見れば理解できる。
好きなブランドや企業があれば、ぜひその会社のミッションや行動指針を見てみると興味深いと思う。そして、驚くほど、そのミッションや行動指針に共感できることが多いのではないだろうか。