制作記事 Web制作アプリケーションWordPressアーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

アーカイブページでカスタムフィールドやタクソノミーで絞り込みした状態でリスト表示する

<?php
$args = array(
  'paged' => 1,
  'posts_per_page' => 20,
  'post_type' => '投稿タイプスラッグ',
  'meta_query' => array(
    array(
      'key' => 'フィールド名',
      'value' => array('', ''),
      'compare' => 'IN',
    ),
  ),
  'tax_query' => array(
    array(
      'taxonomy' => 'タクソノミースラッグ',
      'field' => 'slug',
      'terms' => array('スラッグ', 'スラッグ'),
      'operator' => 'IN',
    ),
    array(
      'taxonomy' => 'タクソノミースラッグ',
      'field' => 'slug',
      'terms' => array('スラッグ', 'スラッグ'),
      'operator' => 'IN',
    ),
    'relation' => 'AND'
  ),
);
$my_query = new WP_Query($args);
if ($my_query->have_posts()) :
while ($my_query->have_posts()) : $my_query->the_post();
?>
<p>
  <a href="<?php the_permalink(); ?>">
    <?php the_title(); ?>
  </a>
</p>
<?php
  endwhile;
  wp_reset_postdata();
  endif;
?>

もはや、アーカイブページ以外のテンプレートでも使える。
ポイントだけ、下記に補足。

カスタムフィールドで絞り込みをしたいとき

<?php
$args = array(
  'meta_query' => array(
    array(
      'key' => 'フィールド名',
      'value' => array('', ''),
      'compare' => 'IN',
    ),
  ),
);
$my_query = new WP_Query($args);
  • 「meta_query」を使う
  • 「value」の値は、複数のOR検索したい場合は配列として、単数(一つ)の場合は配列にしなくても文字列でも問題ない。単数にする場合、compareの値は、IN ではなく、「=」などにする。
  • 「compare」の使える値は ‘!=’, ‘>’, ‘>=’, ‘<‘, ‘<=’, ‘LIKE’, ‘NOT LIKE’, ‘IN’, ‘NOT IN’, ‘BETWEEN’, ‘NOT BETWEEN’, ‘NOT EXISTS’, ‘REGEXP’, ‘NOT REGEXP’ および ‘RLIKE’ 。デフォルトは ‘=’。詳しくは、カスタムフィールドのパラメータ
  • チェックボックスの値で絞り込みたいときは、カスタムフィールドではなく、タクソノミーを使う方が間違いない!

複数のカスタムフィールドを掛け合わせて絞り込みたいとき

<?php
$args = array(
  'meta_query' => array(
    'relation' => 'OR',
    array(
      'key' => 'フィールド名',
      'value' => array('', ''),
      'compare' => 'IN',
    ),
    array(
      'key' => 'フィールド名',
      'value' => array('', ''),
      'compare' => 'IN',
    ),
  ),
);
$my_query = new WP_Query($args);
  • 「relation」の値を「AND」か「OR」にすることで、AND検索、OR検索ができる

compare

データ型 意味 有効なデータ型
‘=’ 値と一致する すべて(省略時)
‘!=’ 値と一致しない すべて
‘>’ 値より大きい 数値系・日時系
‘>=’ 値以上 数値系・日時系
‘<‘ 値より小さい 数値系・日時系
‘<=’ 値以下 数値系・日時系
‘LIKE’ 値で指定した文字列に一致する ‘CHAR’
‘NOT LIKE’ 値で指定した文字列に一致しない ‘CHAR’
‘IN’ 値(配列)で指定したいずれかに一致する すべて
‘NOT IN’ 値(配列)で指定したいずれにも一致しない すべて
‘BETWEEN’ 2つの値で指定した範囲内(境界を含む) 数値系・日時系
‘NOT BETWEEN’ 2つの値で指定した範囲外 数値系・日時系

数値で比較するときは、’type’=>’NUMERIC’ を追記するのを忘れないようにする。

カスタム投稿タイプでタクソノミーの中のタームで絞り込みをしたいとき

<?php
$args = array(
  'tax_query' => array(
    array(
      'taxonomy' => 'タクソノミースラッグ',
      'field' => 'slug',
      'terms' => array('スラッグ', 'スラッグ'),
      'operator' => 'IN',
    ),
  ),
);
$my_query = new WP_Query($args);
  • 「tax_query」を使う
  • 「terms」の値は、複数のOR検索したい場合は配列として、単数(一つ)の場合は配列にしなくても文字列でも問題ない。
  • 「operator」は省略できる(デフォルト「IN」)。termsで指定した以外を絞り込みたいときは、値を「NOT IN」にする

複数のタクソノミーを掛け合わせて絞り込みたいとき

<?php
$args = array(
  'tax_query' => array(
    array(
      'taxonomy' => 'タクソノミースラッグ',
      'field' => 'slug',
      'terms' => array('スラッグ', 'スラッグ'),
      'operator' => 'IN',
    ),
    array(
      'taxonomy' => 'タクソノミースラッグ',
      'field' => 'slug',
      'terms' => array('スラッグ', 'スラッグ'),
      'operator' => 'IN',
    ),
    'relation' => 'AND'
  ),
);
$my_query = new WP_Query($args);
  • 「relation」の値を「AND」か「OR」にすることで、AND検索、OR検索ができる

wp_reset_postdata()

関数リファレンス/wp reset postdata – WordPress Codex 日本語版の用例を参考。

  • new WP_Query に対しては、wp_reset_query(); ではなく、wp_reset_postdata(); を使う
  • wp_reset_postdata(); の設置位置

(結局どういうことなのかは未だにわかっておらず…)