制作記事 Web制作アプリケーションWordPress投稿やカスタム投稿のテンプレート分岐処理

投稿やカスタム投稿のテンプレート分岐処理

カスタム投稿によって、テンプレートを変える方法は2つある。
ファイル名を変更するか、もしくはここで紹介する分岐を利用する。

ここでは、カスタム投稿ではないパターンを併記することで、その違いを明確にする。
ちなみに、戻り値はどれも真偽値。if文の条件に利用する。

single シングルページ

投稿の場合

is_single($post)

引数に、投稿のID、タイトル、スラッグ、またはそれらの配列をセットすることで、特定の投稿に対してのみの処理を追加することができる。

カスタム投稿の場合

is_singular($post_types)

引数に、チェックしたいカスタム投稿タイプ、複数の場合はその配列をセットする。

archive アーカイブページ

アーカイブの場合

is_archive()

使ったことは今のところ記憶にない。ほかの分岐処理で対処していることが多い。

カスタム投稿タイプのアーカイブの場合

is_post_type_archive($post_types)

引数には、チェックしたいカスタム投稿タイプ、複数の場合はその配列をセットする。