制作記事 Web制作WEB設計知識編インターネットによる消費者活動の変化

インターネットによる消費者活動の変化

「教えたい人」がキーパーソン

  • 「売りたい(企業側)」と「買いたい(消費者)」の間に「教えたい人」が現れ始めている。
  • 直線的なトラフィックから興味・関心に従ってあちこちにトラフィックが飛ぶ。

結果として、消費者は情報収集能力が向上し始め、受信主導権を得、よりアクティブで短期になってきている。もはや消費者に情報を「押しつけ」ようとしても無駄であり、消費者にとって魅力的なマーケティングコミュニケーションが不可欠。

もはや「生産者の立場(から見たユーザーのニーズを把握し企画)での商品開発」から「消費者の視点での商品開発」の重要性が強くなっている。

AIDMAからAISAS

従来:AIDMA
  1. Attention(注意)
  2. Interest(関心)
  3. Desire(欲求)
  4. Memory(記憶)
  5. Action(購入)
現在:AISAS
  1. Attention(注意)
  2. Interest(関心)
  3. Serch(検索)
  4. Action(購入)
  5. Share(情報共有)

Web上でさまざまな情報をタイムリーに検索できるようになった。
消費者にとって、買うことがゴールではなく、買って得た体験を紹介することがゴールになった。