制作記事 Web制作WEB設計知識編ネットを利用した広告、特徴と方法

ネットを利用した広告、特徴と方法

ターゲットユーザにピンポイントで広告が打てる。

ネットを使った広告の大きな特徴であり、マス広告との大きな違いである。
参考:メディアに適したコミュニケーショントーン

広告方法

  • バナー広告
    「目立つ」のが特徴。
    「つい見てしまう」「ついクリックしてしまう」メッセージ訴求やデザインの工夫が不可欠。
    広く認知したい場合
    アクセス数の多い総合ポータルサイトやニュースサイトへ
    キャンペーン時やユーザが特定されている場合
    セグメントされた専門情報サイトへ
  • テキスト広告
    広告と意識せずにクリックされやすい。
    15~30文字で構成。
    セグメントされた専門情報サイトへ
    コンテンツの中で自然な形で広告に触れ、クリックする導線を引ける。
  • リッチメディア広告
    クリエイティブ性の高い広告表現が可能
    自己満足に陥らないよう注意。ユーザのシステム環境へ配慮する。
    • 「Flash」で作られたリッチメディア広告
    • 「マウスの動きに反応する」エクスパンド広告
    • 「Web上を浮遊する」フローティング広告
    • 「動画を再生する」動画広告