制作記事 Web制作マークアップJavaScriptscriptを記述する際の注意事項

scriptを記述する際の注意事項

従来

<script language="javascript">〜
と記述。更に
<script language="javascript1.1">〜
とJavascriptのバージョンを示すことで、そのバージョンに未対応であれば、スクリプトを実行させなくさせることができる。

HTML4.0以降

  • language属性は不適切であり、type属性を使う
    <script type="text/javascript">〜
  • headタグ内のmetaタグでスクリプト言語を指定する
    <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">

スクリプトのバージョン指定は行えない。

MozillaやN6以降

ECMA Script、HTML4.0、CSS、XML、DOMなど標準化された仕様の採用と、ブラウザ間で100%の互換を目指す。