制作記事 Web制作開発ツールお役立ちツールセマンティックWebに便利なツール

セマンティックWebに便利なツール

セマンティックなページ(構造化されたページ)を制作する際に、microdataを使うことが多かったが、とにかくコーディングが面倒、というわけで、JSON-LDにシフトすることにした。

Googleが「構造化データ マークアップ支援ツール」という便利なツールを公開しているので、これがあるということは、GoogleはJSON-LDをサポートしており、検索結果に反映されるはず、と都合のよい解釈をしたいと思います。

飲食店の場合の記述サンプル

microdata

該当テキストにコーディングを追加します。

<span itemscope itemtype="http://schema.org/Restaurant">
<span itemprop="name">店の名前</span>
<span itemprop="image">店の代表画像URI</span>
<span itemprop="url">ホームページのURL</span>
<span itemprop="email">メールアドレス</span>
<span itemprop="telephone">電話番号</span>
<span itemprop="address" itemscope itemtype="http://schema.org/PostalAddress">
<span itemprop="postalCode">郵便番号</span>
<span itemprop="addressCountry">国名</span>
<span itemprop="addressRegion">都道府県</span>
<span itemprop="addressLocality">市区町村</span>
<span itemprop="streetAddress">番地、号</span>
</span>
</span>

JSON-LD

headタグ内に追加します。

<script type="application/ld+json">
{
"@context" : "http://schema.org",
"@type" : "Restaurant",
"name" : "店の名前",
"image" : "店の代表画像URI",
"telephone" : "電話番号",
"email" : "メールアドレス",
"address" : {
"@type" : "PostalAddress",
"streetAddress" : "番地、号",
"addressLocality" : "市区町村",
"addressRegion" : "都道府県",
"addressCountry" : "国名",
"postalCode" : "郵便番号"
},
"url" : "ホームページのURL"
}
</script>

余談: Googleオーガニック結果

とあるお店の移転時に新規サイトを制作したのですが、その際にGoogle Mapsに移転による修正を依頼したところ、Googleの検索結果は閉業扱いとなり移転先の情報が反映されない、という最悪のケースが発生してしまいました。新規で用意したURLは検索結果に反映されているのに、そこで表示されている住所は移転前のもの・・・。どういう仕組みでそうなってしまうのか不明ですが、かなり困っています。とりあえず食べログやぐるなびのメジャー飲食店サイトの修正が完了し、新規サイトのほうもセマンティックに修正したところです。
閉業扱いが解除されるのは、いつになることやら・・・。追って、Google Mapsには修正依頼を続けたいと思います。