制作記事 運用情報アフィリエイトアフィリエイトを始めてみよっかな Part2

アフィリエイトを始めてみよっかな Part2

こここ数日、アフィリエイトサービスについて調べているので、アフィリエイトに興味のある方、ぜひ一緒にはじめませんか?情報交換できると嬉しいです。

アフィリエイトサービスを申し込む

アフィリエイトサービスを利用するには、基本的に各サービス共通のフローとなっている。

  1. サービスのアカウントを作る
  2. 個人情報や振込先情報を登録する
  3. サイト(ブログ)を登録申請する

申請後、結果がメールで通知され、承認されれば無事アフィリエイト開始となる。

  1. 売りたい商材の記事を書く
  2. アフィリサイトサービスの管理画面上で、売りたい商材の広告タグを発行する
  3. 発行したタグを記事に貼り付ける

とりあえず、このブログで各アフィリエイトサービスに申し込むことにした。Amazonアソシエイト、Google AdSense、A8、バリューコマース、afb、もしもアフィリエイト、アクセストレード、これらのアフィリエイトサービスを利用できる状態になった。楽天アフィリエイトは申し込んだ記憶はないが、楽天IDは持っているので、楽天サービス共通ということでログインできたのかもしれない。使えるかは今段階では確認できていない。

とりあえず、ぼくが申し込んでいるアフィリエイトサービスはこちら。

目標: 1ヶ月1万円の報酬を得るアフィリエイターになる

この図は、日本アフィリエイト協議会サイト内で紹介されていた。
https://www.japan-affiliate.org/news/survey2021/

目標を達成するには「楽天市場」と「Amazon」に絞るといいらしい。ちなみにこれまでにも、本のレビューを書いた際などに、Amazonの広告を設置しているが、そこからの報酬はない。そもそもアフィリエイトで報酬を得ようという意識がなかった。
ではアフィリエイトを意識したWebサイトとはどんなのだろう。

アフィリエイトを意識したWebサイト作り

初心者向けのアフィリエイトを意識したWebサイトは下記が徹底していること、バリューコマースのYouTube動画で紹介されていた。
YouTube 【初心者向け】アフィリエイト勉強会 バリューコマース

  1. サイトのテーマを決める
  2. 記事を書く
  3. 分析する

1. サイトのテーマを決める

商品ジャンルまで決めるのがテーマ選びのポイント。
「主婦のブログ」「シニア向け情報配信サイト」のようなざっくりとした雑記型(抽象的)ではなく、「20代の転職サービス紹介サイト」「お得なクーポン情報を紹介」のようなカテゴリ特化型にする、ということ。「UBER EATSのお得なクーポン情報」のような1商品特化型(具体的)にすることで、アクセスが集まりにくくはなるが、購入率は高くなるのが特徴。

カテゴリ特化型には、商品カテゴリとイベントカテゴリがある。
商品カテゴリは、Amazonや楽天のカテゴリが参考になる。
イベントカテゴリは、季節ごとのイベントで、楽天スーパーSALEが開催されるタイミング(3の倍数月)は売上が伸びるので連動するのもいい。

広告主を軸とした場合、カテゴリを大別するとこんな感じになる(バリューコマースの資料参照)。もちろん他にもあるだろうが、カテゴリ決めに悩んだときの参考までに。

  • 金融
  • ショッピング・オークション
  • 旅行
  • 就職・転職
  • PC・家電
  • 通信・キャリア
  • 美容・コスメ
  • エンターテイメント
  • 飲食・グルメ
  • ふるさと納税

いずれにしても、選んだテーマで100記事書けそうか、が判断基準となる。

2. 記事を書く

  • 1商材1日1記事2000文字書く
  • 記事のタイトルを工夫する
    メインタイトル → 商品名/サービス名/作品名、のような
    サブタイトル → 安い・高い/レビュー/おすすめ/見放題/使い方・やり方、のような
    備考 → 期間限定/今だけ/2021年最新/x月x日まで限定、のような
    これらを意識しつつ、スモールワードでタイトルを設定する
  • 「売れる」コンテンツとは、ユーザーが購入をためらっている疑問や問題を、解決してあげるコンテンツで、売り込むのではなく紹介する視点が大事
  • コンテンツとして、他にはない、売るためのに必要な独特の強みは何か?があるか
  • コンテンツ自体の面白さと報酬額は必ずしも比例するわけではない
  • 継続性を重視して構成はテンプレート化する
    序論・本論・結論 の3部構成
    序論 → 300文字。タイトルに沿って何の記事なのか結論含め要点を書く(商品、作品をすすめる、サービスの機能を紹介する、やり方、使い方を紹介する)
    本論 → 1000〜2000文字。「はじめ」に対しての説明の詳細(特徴、概要)を書く
    結論 → 100〜300文字。「なか」で書いた内容を1〜2行でまとめる
  • 広告を用意する
    文章の場合、30〜200文字で訴求ポイントをしっかり明記する
    1記事3〜5ヶ所に広告を設置する
    序論・本論・結論、それぞれの後に広告を設置する(本論が長い場合は分けて広告を設置する)

月1万円のアフィリエイト報酬をゲットするには、報酬が1%の場合、100万円の売上をあげる必要がある。目標を達成するには、100万円のもの1個売っても、1000円のものを1000個売っても同じ報酬だ。まずは、1〜5万円くらいの商材を扱うのがオススメ。

アフィリエイト初心者が手を出さないほうがいい記事

  • ランキング記事は書かない
    情報の信憑性が命、それゆえ同じ内容のコンテンツが量産されやすいため
  • 人気の逆引きはNG
    鮮度が命、常に先手を意識する必要があり、ロングテールにはなりにくいため

3. 分析する

まずは3ヶ月間続ける。毎日記事を書けば、100記事近くになるので、そこでどういう内容がクリックされやすいのかなどの情報が集まる。