制作記事 運用情報お仕事・制作日記地図サービス「ジョルノ地図」、リニューアルしました。

地図サービス「ジョルノ地図」、リニューアルしました。

地図サービス「ジョルノ地図」、リニューアルしました。

ジョルノ地図(公開終了)

ゼロベースで企画からやり直しました。
まず、「どんなときに地図を使うのか」、改めてそのシチュエーションをメモを取り続けることで目的を明確にすることにしました(これはフォト・スタディとかダイアリ・スタディと呼ばれる手法と似ていて、対象者の行動や物事の優先度に対する視覚的な視座を得ることができる探索型リサーチ手法です(*1))。
とりあえず、ターゲットは自分なので、そこからパターンが見つからないか探りました。

地図を使うシチュエーション

  • 食べログでお店探し、その場所を確認(PCで見たので、現地へ行くためにスマホでも確認したかった)
  • 知人宅までの最短ルートをGoogle地図で検索、確認
  • 駅の反対側にあるお店。どの迂回が近いかGoogle地図で検索、確認
  • お気に入りの商品を見つけ、販売しているショップを探し、その場所を店舗サイトの地図ページで確認(PCで見たので、現地へ行くためにスマホでも確認したかった)
  • タクシーに乗ったとき、どこを走っているか確認

などなど。それらの中から明らかな行動パターンが見つかりました。ほとんどの利用シーンでは「場所を確認する。しかもその場所名は(なんとなく)分かっている」でした。

続いて、そこまでの道のりを知りたいシーンです。
どの路線を使えば良いかを知りたいときはGoogle地図アプリを使うことで、ドアtoドアの検索が瞬時に候補を表示してくれるので大変満足です。
これとは別に、まさに現地付近に到着したときにそこからの道のりを知りたいシーンもありました(ジョルノ地図では、後者にフォーカスした機能を導入することにしました)。

ちなみに、改めてGoogle地図アプリを立ち上げると「あー、なるほど」です。
自分にとって相性いいことが分かります。自分の利用シーンとUIがかなり合っています。

他社地図サービスとジョルノ地図

Google地図やYahoo地図、マピオン地図といった大手は多機能で素晴らしいです。ただ、ちょっと複雑すぎたり、想定と違う挙動があったり、使いにくい点もありました。そこでジョルノ地図では、とことんシンプルに、ある程度学習コストを強いてもシンプルにこだわり、機能もまずは自分が使いたいものだけに絞りました。

実装した機能

  • フリーワード検索
  • 現在位置取得
  • 現在位置追従
  • 地図上の任意な場所にマーカーセット
  • セットされたマーカーまでのルート表示
  • セットされたマーカーまでのナビゲーション

これらの機能を実装するために、Google Maps API V3 を使っています。

こだわった点

  • 検索はテキスト入力ありき。自分にとっては入力ボックスがない検索は使いづらいし、検索ボックスがあるだけで使いやすい印象につながります。検索ボックスがあった上でその他の絞り込み機能があるといいなと考えます。
  • スケルトンUI(勝手に名付けました)。画面いっぱいにデザイン(この場合は地図)を見せた上にUIを設置したいが、UIの最低限必要な数でさえ邪魔に感じる場合。個人的には、そのUIを小さくする選択はナンセンス。使いづらくなるだけ。そこでUIを半透明にするのです。全体に溶け込んで画面いっぱいにデザインを見せたい要件をクリアできます。それと引き換えに、分かりづらくなります。しかしこれは学習コストでカバーします。
  • 目的地が決まっている(地図上にマーカーポイントが設置されている)状態で、現在地を取得すると、現在地から目的地までのルートを自動表示する。

また、はじめてGoogle地図を使ったときに戸惑った点を解消するため、下記の対応をしています。

  • 地図上での縮尺ボタン設置。
  • 現在地取得ボタンにテキスト補足。
  • 現在地の一回の取得だけか、継続して現在地を取得し続けるのかを明確にする。ジョルノ地図では、「現在地」と「追っかけ」というラベルにしています。

モバイルファーストで制作

まずは、iPhoneで最適化されるように作り、そこからPCで見ても使えるようにチューニングしました。PCありきだとちょっと使いづらい点も残っているのですが、そこは一旦スルーします。

作ってみて

あっちを実装するとこっちが不具合を起こす、というカオス状態になってしまい、まだまだスキルが足りないなと痛感しています。現状、まだバグっているところも残ってはいるのですが、クリティカルではないと判断し、後回しの対応にしました。この上にさらに機能を追加することへの抵抗も否めません。作り直したほうがいいのでは?とさえ思ってしまいます。

本当は5年越しとなりますが、地図上で実装したいことがあります。アフィリエイトの一種なんですが、ジョルノ地図という名を存分に発揮できるはずなのです。そこについては、乞うご期待していただけると幸いです。

今回の改修で一番の収穫は、google maps apiで提供されている、searchBoxを導入できたこと。これにより、サジェストやあいまいなワードからでも場所を探せるようになりました。これには感動です。

ジョルノ地図(公開終了)