制作記事 運用情報お仕事・制作日記ジョルノお天気、作りました!

ジョルノお天気、作りました!

お天気アプリを作ってみました。「アプリ」といってもWebアプリなんですけども。正確にはブラウザ版、アプリ風、といったところでしょうか。
とりあえず、さくっと作ることに注力した結果、週末を2回使ってできあがりました。

ジョルノお天気(公開終了)

1日目 どんな内容にするか、方針決め
ワイヤーフレーム作成
デザイン作成
機能ごとに対応優先度付け
2日目 コーディング
機能実装
3日目 機能とUIのトライ&エラー

どんな内容にするか考える。

当然、ここがブレるとその度に設計からやり直しになるので、まずどんな内容にするかを決定しました。その際に簡単なラダリング手法で、必要とするケースと必要としないケースを明示するところから始めました。

天気予報を知りたいシチュエーション

天気予報のラダリング手法図

なぜ天気を知りたいか?

雨が降らないかどうか

傘が必要かどうか

場合によって服装に影響

晴れるかどうか

気温が気になる

服装に影響

どこの天気を知りたいか?

おでかけ先か、通勤通学中の場所の2極化。

利用シーン

これらを踏まえて、天気予報の利用シーンを改めて考えました。

  • 普段は雨が降らないかどうかを知りたい。
  • 予定があるときは、その日の天気や気温を知りたい。
  • 全国的な情報や地方的な情報を把握したい。

ジョルノお天気(公開終了)

こだわったポイント、3つ

  • 全国とピンポイントを比較しながら天気予報を知りたい(個人的)要望に応えました。
  • ラベル。ラベルは「○○の天気」ではなく「○○のお天気」と親しみを込めて、天気に「お」をつけました。
  • 「今日は何日の何曜日だっけ?」「今何時だっけ?」は天気予報をみるときの(個人的)あるある。これを解決するため現在の日時を表示するようにしました。

実装した機能

モバイルファーストで対応(制作時はiPhone5/5Sで立て向きの状態に限定して検証)。

  • 全国の天気予報(主要都市の14日分の日別天気予報)
  • 地方の天気予報(主要都市の14日分の日別天気予報)
  • 市区町村の天気予報(14日分の日別天気予報と5日分の3時間ごと天気予報)
  • 町名の天気予報(14日分の日別天気予報と5日分の3時間ごと天気予報)
  • 現在位置の天気予報
  • フリーワード検索による天気予報
  • 履歴の天気予報
  • 最後の閲覧画面を次回の起動時に再現
  • 現在時刻のリアルタイム表示

実装を見送った機能

  • 天気詳細地図
  • データのDB化
  • 今日の天気で昨日の天気との気温比較
  • 広告

細かいとこ。

  • どの端末からでも履歴を閲覧できるようにログインシステム導入。
  • 履歴の個別編集。
  • history API を用いたSEO施策。
  • スプラッシュ画面。

実装していませんが、ネタ系としては二つ考えていました。

  • おでかけ天気予報(プランニングされた日時と場所の天気予報を表示)
  • 天気の音(天気を音にしてつなげる。こっちはまだ妄想レベル)

追加対応

2014年2月13日

リリースして一ヶ月。ログを見て、現在地がよく使われることが発覚。一方、住所選択するドリルダウンやフリーワード検索はあまり使われていないことが分かったので、下記のように改善しました。

  • 現在地ボタンをもっと分かりやすくするために、あらゆるユースケースで選択できるようメインナビに設置し、かつ一番目立つように配置。
  • 天気図経由で都道府県アイコンを選択時、自動で市区町村を選択し、詳細天気を表示するように修正。

また、それ以外にも下記対応。

  • データ取得中は、その状態を分かりやすくするため、読み込み中テキストを点滅するようにしました。
  • とりあえずで設置していたスプラッシュ画像をちゃんとしました。
  • それに伴い、ロゴもダミー版から完成版に変更
  • 実装していた「最後の閲覧画面を次回の起動時に再現」ですが、再現方法を見直しました。再現性をざっくりにし、一時間使ってない場合は全国の天気図を表示するようにしました。

2014年3月

天気テキストの日本語対応。個性が出るようなラベル付けで変更。

2014年4月5日

天気アイコンをAPIの提供のものからオリジナルに変更。

2014年4月8日

デイリー予報が当たらないので、地図以外は、一旦非表示。

ジョルノお天気(公開終了)