制作記事 運用情報徒然なままに楽天モバイルをauにMNP、7日後にPOVO2.0にした話

楽天モバイルをauにMNP、7日後にPOVO2.0にした話

この話しの前提として、ぼくは2台スマホを契約している。メインで使っているのがau、サブで楽天モバイル(楽天モバイルは通話せずにデータ1GBを使わなければ無料なので、解約せずに保持していた)。

2021年12月末。Apple初売りでiPhone12シリーズが対象になると予測されていた頃。何となくiPhone12がメルカリでいくらで販売されているか調べてみた。え、?iPhone12miniの未使用品が大量に出品されている。これは何かしらキャンペーンが実施されているに違いないと、Twitterで「iPhone12mini」で検索。すると「1円」の文字が踊る。さらにiPhone13miniまでが1円との情報が見つかる。MNPのキャンペーンは、総務省からのお達しで実質「しばり」がなくなって、機種を格安販売することはなくなったと思っていたが、そんなことはなかったのか(嬉しい)。

キャンペーン内容はdocomo/au/softbank、ほとんど同じだった。2年以内に返却するのであれば1円、という内容。2年過ぎても返却しないで利用する場合や一括購入したい場合は、差額を支払うというもの。さらにMNPではなくて機種変更や端末だけの購入も対象で、その場合は1円ではなく22,000円。差額は機種によって違っていたが、それでもWi-Fiモデルより全然安いッ!

そして、決断した基準はコレ。

最安値でゲット。ただし月額費は今より高額にならないこと

ちなみに、ぼくのau利用料金はいろんな割引を適用して3,280円(5分通話無料+データ1GB+auスマパスプレミアム)。これより月額費がかからないことがマスト。

そこで、まずはサブの楽天モバイルをauにMNPして、すぐにPOVOにしようと計画。そしてメインとサブの端末を取り替えれば最強と判断した。

早速ヨドバシカメラ新宿店に足を運んだが、iPhone13miniは完売。そこで秋葉原店に行くも同じく完売。docomoには在庫があった。さらに計画の盲点があった。それは、iPhone12miniを持つには5Gプランに変更が必要とのこと。ということはメインのSIMをiPhone12miniに利用することはできない。そこで、サブではなくメインをauからdocomo経由のahamoにしようか悩む。

決め手は一括購入時の価格

2年以内に返却するとして、返却時に同様のキャンペーンがあるとは限らないリスクを考えると一括購入した方がいいと判断。キャリアと機種を3つに絞った。iPhone12mini/64GB(au) 約28000円、iPhone12mini/128GB(au) 約33000円、iPhone13mini/128GB(docomo) 約46000円。そして最安値のiPhone12mini/64GB(au) 約28000円を選択した。

結局、メインもサブもPOVOにすることに計画変更した。auで、サブの楽天モバイルをMNPして、iPhone12mini 64GBを27651円で一括購入。

余談だが、ショッキングなことに、ヨドバシ秋葉原で新春キャンペーンが1/11まで開催されていて、iPhone12mini/64GB(au) 19880円、iPhone12mini/128GB(au) 25355円で販売されている。12月購入してPOVO2.0のMNPが1月になったことを考慮すると、数日の違いで11000円分くらい安くなったかと思うと何も言えない…。

さらに、ぼくには関係ないが、30歳以下だとiPhone12mini/64GBを9800円で一括購入できる新春キャンペーンも実施してるとのこと。

auをPOVO2.0に

POVOにするには、au契約の翌日以降とPOVOのホームページに記載があったので、翌日を待つ。早速POVO2.0にしようとしたところ、POVOの申し込み画面で、au契約の場合を選択できない。メンテナンス中と記載され、他社から乗り換えと同等の扱いになることを知る。え?それはいわゆるauの短期解約ブラックリストになってしまうのでは?と不安が頭をよぎる。仮にブラックリスト入りすることを考え、メインを先に乗り換えることにした。一瞬、メインをdocomoでiPhone13miniの1円レンタルにすることも考えたが、欲を出し過ぎだなと控えることにした。

結局メインをPOVOに申し込みしたのだが、翌日にはSIMが届き、SIMカードを差し込むだけで無事完了。サブ回線もPOVOにしようとしたが、SIMカードが送られてくるのは月またぎになるので、対応は翌月に持ち越すことに(iPhone12mini はeSIMに対応して即時変更ができるのだが、メインのSIMを利用したかったのとサブはeSIM対応していないので、SIMを選択)。

最終的にはトリッキーな流れなってしまったが、2台をPOVOにすることで、メインを月額料を1,540円(5分通話無料+データ3GB)、auスマートパスプレミアムはないが、データ1GBが3GBになって、月額1,740円もセーブできた!

短期解約のためブラックリスト入り?!

結局、auにMNPして翌月にPOVO2.0にしたわけで、短期解約扱いでブラックリスト入りしたかもしれない。もしブラックリスト入りした場合、半年か1年か分からないが、しばらくは新規契約や乗り換えができないらしい。iPhone12mini購入時に販売スタッフに、すぐにPOVOにしても問題ないことを確認して、ブラックリストのことも聞いてみた。「仮にブラックリストに入ったとしてもずっと残るわけではない」と言っていた。新規契約も乗り換えも本年中は考えていないので、ぼくには問題ないだろうと、都合のいいことは信じておく。

まとめ

というわけで、最終的にかかった費用を紹介してこの記事を締めくくる(金額については決定後、追記や修正する)。

メインサブ
iPhone13mini/64GB27,561
楽天MNP転出費3,300予定
au 契約事務手数料3,300
au 12月分3,280予定447予定
au 1月分03,465予定
POVO2.0 auからの乗換手数料00
au POVO2.0への解約料00
POVO 1月(12月-1月分)568
POVO 2月(1月-2月分)
12月と1月の端末以外の合計10,512
合計38,073