制作記事 Web制作アプリケーションMAMPMAMPのバージョン上げたらPHPの更新にタイムラグが… → PHP-cacheをoffにする

MAMPのバージョン上げたらPHPの更新にタイムラグが… → PHP-cacheをoffにする

MAMPのバージョンを6.2から6.6にアップデートしたときのこと。
ファイル修正して保存してブラウザで確認、といういつものフローを実施したとき、ファイルが更新されないことに気がついた。いろいろ試してみると更新される。再現性が見つからず、なかなか更新されないのだが、タイムラグがあって更新される、という現象。なんてことはない、MAMPの環境設定にあるPHP-cacheをoffにすれば解決できた。

  1. MAMPを起動する
  2. メニュー「MAMP」の「Preferences…」を選択する
    もしくは、MAMP画面左上の「Preferences」をクリックする
  3. 「General」タブの PHP-chache の項目を「off」にして「OK」をクリックする

以上。念の為、MAMPを再起動して動作確認。
ふー、なんてことはなかった。
以前も同じ設定にしていたのだろうけど、MAMPをバージョンアップしたことにより、設定がリセットされていたのが原因かと思われる。MAMPで追加した設定ファイルだけでなく、こういうところも忘れないように気をつけたい。