制作記事 Web制作アプリケーションMAMPローカル環境(MAMP)でgmailからメール送信できるようにする

ローカル環境(MAMP)でgmailからメール送信できるようにする

MAMPにWordPressを入れてテストをしていると、ユーザー作成時やら何かとメール送信が必要になるタイミングがる。何も設定をしていないとローカル環境のWordPressのGmailアドレスからメール送信はできないので、利用できるようにする送信方法を備忘録がてら共有。

実際に動作確認した環境は「macOS Big Sur バージョン11.3 と MAMP Version 6.2」。実施する場合は自己責任でお願いするが、ちなみに数年前にもこの記事の内容は確かめたことがあり、当時の環境でも正常に動作していた。
また、極力、ターミナルは利用しないで設定する。

1. MAMPが起動している場合は、Stopする

2. Postfixの設定にgmail情報を追加する

修正ファイル /private/etc/postfix/main.cf

  1. Finder のメニュー「移動」>「フォルダへ移動」
    /private/etc/postfix/
    を入力して「移動」ボタンをクリックする
  2. ファイルとフォルダのロック解除
    /private/etc/postfix/
    /private/etc/postfix/main.cf
    2-1. フォルダ名、ファイル名をそれぞれ右クリック→「情報を見る」
    2-2. ダイアログ右下のカギアイコンをクリック
    2-3. マシン起動時のパスワードを入れる
    2-4. 「共有とアクセス権」の「読み出しのみ」を「読み/書き」に変更する
  3. main.cf をエディターで開いて、ファイルの一番下に、下記をそのままコピペする
    # Gmail on MAMP
    #
    myorigin = gmail.com
    myhostname = smtp.gmail.com
    relayhost = [smtp.gmail.com]:587
    smtp_sasl_auth_enable = yes
    smtp_sasl_password_maps = hash:/private/etc/postfix/sasl_passwd
    smtp_sasl_security_options = noanonymous
    smtp_sasl_mechanism_filter = plain
    inet_protocols = all
    smtp_use_tls = yes
    smtp_tls_security_level = encrypt
    tls_random_source = dev:/dev/urandom
  4. 手順2 で変更したmain.cf と postfix の「共有とアクセス権」を元に戻す(システムのみ「読み/書き」、あとは「読み出し」のみ)

3. gmail設定用のパスワードを取得する

Googleのアプリ パスワード画面からgmail設定用のパスワードを取得する

  1. Googleのアプリ パスワード 画面を表示する
    https://security.google.com/settings/security/apppasswords
  2. アプリを選択「メール」、デバイスを選択「Mac(ここは使用するマシーンを選択)」をそれぞれ選んで、「生成」ボタンを選択する
  3. パスワードが表示された画面に遷移する(再表示はできないので注意)

ここで取得したパスワードは後ほどコピペして利用するが、パスワードは再表示されないので注意。万が一、画面を閉じてしまった場合は、アプリパスワードを一回削除してもう一度作り直す。

4. 取得したパスワードコードを記述するためのファイルを作成する

  1. /private/etc/postfix/ の直下に 「sasl_passwd」というファイルを新規作成する(拡張子なし)
    ちなみに、ファイル名は任意だが、2で記述した「smtp_sasl_password_maps」の値と一致させる必要がある
  2. ファイルに下記を記述する
    [smtp.gmail.com]:587 メールアドレス@gmail.com:アプリパスワード
    記述例) 設定したい送信元のgmailアドレス simplesimplesdesign@gmail.com 、パスワードが abcd-efgh-ijkl-mnop の場合
    [smtp.gmail.com]:587 simplesimplesdesign@gmail.com:abcdefghijklmnop

5. ファイル権限設定とデータベースを作成する

ターミナルを起動する(「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」)。起動後、下記を実行する。

5-1. root権限以外はファイルを見れないようにする

sudo chmod 600 /private/etc/postfix/sasl_passwd

「Password: 」と表示されたら、パソコン起動時のパスワードを入力する。

5-2. データベースを作成する

sudo postmap /private/etc/postfix/sasl_passwd

sasl_passwd.db が作成されたら問題なし。

postmap: fatal: open database /private/etc/postfix/sasl_passwd.db: Permission denied
が表示されたら
/private/etc/postfix/
の「共有とアクセス権」に自分がないので、左下の「+」ボタンから自分を追加する

6. MAMPを起動して、ローカル環境からのメールを受信できるかテストする

ローカル環境からメールを送信できるか確認して、問題なくメールが受信できればすべて完了!

メールを受信できない場合は、下記を試してみる。

sudo postfix stop
sudo postfix start

もしくは

sudo postfix reload