制作記事 Web制作WEB設計サービスレビューレンタルサーバーって何? おすすめは?→「ロリポップ」なら月額220円〜

レンタルサーバーって何? おすすめは?→「ロリポップ」なら月額220円〜

「プログラミングの知識がなくてもホームページは作れるとはいうけど実際どうすればいいの?」
そんな疑問にWeb歴16年(2022年3月現在)のぼくがお答えします!この記事は、これまでホームページを作ったことがない、中小企業・フリーランス・個人商店の方や、アフィリエイトブログを始めたい個人の方向けです。

この記事を読めば、まずはホームページを作って公開することができます!ちなみに「ホームページ」より「Webサイト」と呼ぶのが適しているので、以降「Webサイト」と表記しますね。
よく分からないところがありましたらお気軽にコメントください。

パソコン使えないけど大丈夫?

あえて 書きますが、パソコン操作に抵抗感がある場合は正直この先は難しいかもしれません。とはいえ、誰でも最初からパソコンを使えたわけではありません。今は苦手でもパソコン操作に興味があれば大丈夫です。「分からない、できない、難しい」ではなかなか成長できませんので「知りたい、とりあえずやってみる、もう一度やってみる」という気持ちで向き合っていきましょう。
それでは、Webサイトとは何か、ということから考えていきます。

Webサイトとは?

ブラウザを開いて閲覧するページのことをWebページと言います。ブラウザとは、Edge, Safari, Google Chrome, Firefox のようなインターネットを閲覧するときに使用するソフトウェアです。Webページとは、たとえばYahooのニュースページだったり、Amazonのショッピングページだったり、Googleで検索するページだったり、そのようなページのことです。そして、Webページの集まりをWebサイトと言います。それらはYahooのWebサイトだったり、AmazonのWebサイトだったり、GoogleのWebサイトだったり、インターネット上には数えきれないほどのWebサイトが存在しています。

そんなインターネット上に、あなたのWebサイトを好きなドメインで用意することができます。ドメインとは住所のようなものです。https://www.yahoo.co.jp だったり、https://www.amazon.co.jp だったり、https://www.google.com だったり。ただしドメインは唯一無二なので、すでに誰かが使っているドメインを利用することはできません。

ドメインがあっても、Webページを表示させるためのデータを格納する場所(家)が必要です。そのような場所のことをサーバーと言います。そして、ドメインとサーバーを連携させることで、Webサイトが完成するというわけです。つまりは、インターネットにつながっていれば世界中のどこからでも、あなたのWebサイトにアクセスできるようになる、というわけです。

サーバーには大きく3つのタイプがあります。クラウドサービス、レンタルサーバー、自宅サーバーです。クラウドサービスや自宅サーバーを利用するには専門的な知識が必要になるため、ここでは詳細に触れずレンタルサーバーの一択。レンタルサーバーとはその名の通り、サーバーをレンタルできるサービスとなります。「レンタルサーバー」でググるとたくさんのサービスが見つかりますが、どれを使おうか迷われるかもしれません。

レンタルサーバーは「ロリポップ」がオススメ

中小企業・フリーランス・個人商店さまのWebサイトを制作させていただく際に、オススメしているのがGMOペパボ株式会社が運営している「ロリポップ」というレンタルサーバー。名前こそちょっと怪しさを感じてしまう方もいるかもしれませんが、サービスはしっかりしています。何年も前の古い話しで、かつては個人ユーザー向けは「ロリポップ」、ビジネス向けには「チカッパ」、ガッツリ使うなら「ヘテムル」とサービスが分かれていました。そこから「チカッパ」は「ロリポップ」に統合され、価格は安いまま、性能がより良くなっています。

というわけで、ロリポップについてもっと見ていきましょう。以下、公式サイトの画像キャプチャを転載していきます。

レンタルサーバー、国内シェアNo.1

ロリポップはサービスが開始されて20周年。これまでに170万人以上が200万サイト以上開設されているとのこと。この情報だけでも安心します。

ロリポップならではの機能

公式ページからの抜粋となりますが、ロリポップの特徴はこんなのがあります。

ロリポップの料金プラン

ロリポップには「エコノミー」「ライト」「スタンダード」「ハイスピード」「エンタープライズ」の5つのプランがあり、契約期間によって月額料金が変わります。予算に余裕があるのであれば「ハイスピード」がいいですが、まずはコスパ最強の「ライト」から始めることをオススメします。契約期間中でも上位プランへの変更はできるとのことなので、もし「ライト」プランでは不足と感じたときに上位プランに変更する、で問題ないでしょう。
はじめて利用する際には、初期費用がかかるので注意。
ご利用料金 – ロリポップ!レンタルサーバー: https://lolipop.jp/pricing/

最安値の「エコノミー」ですが、このプランではプログラミングスキルが必要となったり、後述するWordPressが使えません。そのため、ここでは「ライト」プランをおススメします。

というわけで、早速、ロリポップを申し込んでみましょう。10分程度で、あなたのWebサイトを公開するところまでできます。とはいえ、できないかもと心配になるかもしれませんが、10日間の無料体験があるので、その期間内であれば費用は一切かからずキャンセルできます。まずはチャンレンジ!
とりあえず、申し込みからWebサイトができるまでの流れを動画にしたのでご覧ください。

ロリポップを申し込んでみる

必要なのは、クレジットカードとスマホ(SMSメッセージを受け取れる端末)。

  1. ロリポップのWebサイトにアクセスする
    https://lolipop.jp/
  2. 「お申込み」や「まずは無料で体験する」のボタンをクリックする
  3. プランを選択して「10日間無料でお試し」ボタンをクリックする
  4. 画面に従って、入力していく(無料体験でもクレジットカード登録が必要)
  5. ロリポップだけでなく、WordPressもインストールして最低限をセットアップする

WordPressとは?

プログラミングの知識がなくてもWebサイトを運営できる大きな要因の一つが、WordPressというブログサービスを使うことにあります。基本的に無料(ちなみにぼく個人としては7年以上WordPressを使っていますが、有料オプションを利用したことがありません)。
日本だけでなく、世界中で最も使われているブログツールなので、操作が分からないことがあってもネット上に情報を簡単に集めることができます。

ロリポップの申し込みからWordPressの設定までを動画にしていますので、気になったらぜひ動画を確認して、これならできる!と思えたら嬉しいです。