制作記事 Web制作Web集客ライティングユーザー中心デザインなライティング

ユーザー中心デザインなライティング

  1. どのようなユーザーが読むのか

    同じテーマでも、だれに伝えたいかで中身は変わる

  2. どのようなニーズで読むのか

    具体化させることが大切

    • 情報の種類(「企業情報をしりたい」ではなく「概要」か「沿革」か「財務情報」なのか)
    • 「即時性」か「詳細」か「リアリティ」か、というユーザーが求める性質
  3. どのような前提知識や経験を持って読むのか
    • 外的要因(認知度を想定した切り口)
    • 内的要因(導線を意識した情報量の分配、ランディングを意識し重複させる量もきちんと考える)
  4. どのようなシチュエーションで読むのか
    ザッピング感覚
    段落を頻繁に分け、見出しは細かいレベルまで
    じっくり、のんびり
    ざっくりとした構成で、シンプルな読み物風に