制作記事 映像制作カメラ関連の学び写真集作りたい熱が再燃

写真集作りたい熱が再燃

CPプラス2022 キヤノン「アートディレクターが語る写真集完成までの裏側」

写真集を作る際の極意が紹介されていたので、備忘録。

  1. どんな写真集にしたいかコンセプトを決める
  2. 写真ページ数の倍以上を、2Lに出力する
    (80ページであれば200枚程度)
  3. 床に並べて組みを作っていく
    映画監督になったつもりで、コンセプトに沿ったストーリーを作る

デザイン要素として組みで意識すること

●似てる組み
印象が相殺される。例えば同じ画角のbefore/afterのような組みは、余白のない「説明」となってしまい、「想像」しにくい。

●似ていない組み
引きと寄り(距離感が変わる)、視線の見上げると見下ろす(空間ができる)、捕色(RGBとCMY)の活用、のような相反する組みにすることで、活きてくる、それぞれが相乗する。

紙による印象

●つるつる
光に反射するので色の情報量が多くなる
→ 透明感・光を活かす

●ザラザラ
乱反射するので見る角度で色が違う
→ 雰囲気・空気感・風

数年前に旅の記録として、ZINEを作ろうと、印刷工程前までのデータを作ったことがあったが、この話しを聞いて、改めて今度は写真集を作ってみたくなった。このセッションで紹介されていた、キヤノンのサービス「Photo Jewel S」を使いたくなった。

一冊から写真集が作れるキヤノンのサービス
PhotoJewel S